悲しの中で生き抜くこと 家族のこころ

昨日小林麻央さんが亡くなられました。

残されたご家族様のこころの状態が大変心配であります。

最近当ステーションでも乳がん患者さんが多く、若くして罹患している方が多いです。わたしは少しでもそんな患者さんの支えになり、ご本人が亡くなられた後も元気にいく抜くような看護ができればと思います。それには家族が休めるレスパイト施設が必要なことを最近痛感しております。

ガンの患者さん少しでも元気に生き抜く1日が過ごせるように頑張りたいと思います。

来年の目標に向けて頑張ります。本当にこころよりご冥福を申しあげます。

あしたば訪問看護  竹内千草

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です